設立趣意


 

私たち横浜に本社を置くランドスケープコンサルタントは、緑豊かで快適な生活環境の実現に貢献するとともに、私たち自身の健全な発展と経営の安定を図ることを目的に、事業協同組合を設立いたしました。

美しく魅力あふれる横浜・神奈川の実現に専門家集団が力を合わせて行動する所存です。

私たちは、緑や生物を基本として、地域環境の保全や整備にトータルに携わる専門家集団です。都市に展開する身近な緑から、里山、森林等の豊かな自然を形成する緑を領域として、公園、街路、河川、港湾、民有地などの緑を計画・設計しています。近年ではそれら緑を診断し、公園などの公共施設の運営や、まちづくりのコーディネートなど職能を拡大しています。

今日、少子高齢化、環境の時代を迎え、都市や地域の重要な自然・環境インフラである「緑」の適切な整備・コントロールがこれまで以上に求められています。その実現においては、これまでの行政主導から市民・行政・コンサルタントの協力・協働が不可欠になっています私たちの職能の重要性はますます高まると同時に、新たな時代に対応する能力の整備、経営体質の改善が不可欠であると認識しています。

単独の事務所では限界のあるこれらの課題に各々の事務所、構成員が特色を生かし共同して立ち向かい、美しく魅力ある横浜・神奈川の実現に取り組みます。

横浜開港から150年を迎え、土地の歴史性、環境性、社会性を踏まえ環境時代にふさわしい活動をトータルに進めてまいります。